Junのラジコン部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS HDRC 第2回練習会

<<   作成日時 : 2016/08/13 23:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日は北海道ドローンレースクラブのメンバー3名が集まったので 第2回練習会となった。

滑走路が広いA飛行場に集合したが お盆休み中にもかかわらず他に誰も来なかったので 今日も貸しきりとなった。

少し風があったが 涼しくて虫が集まらなかったので良かった。

コースはMultiGPのフルスペックのほかに 更にバックストレートにスラロームを入れた テクニカルコース 
画像


画像


何時ものように午前中はタイムアタックで 午後からはレースを8戦
画像


先日届いたプロペラを早速試す!

まずは 格安ペラのKingkong 5x4.5x3 3-Blade
画像


2フライト目でペラが折れた。このペラは硬質タイプでしっかりしているが ポキポキと折れるので 曲がってトラッキングがずれることは無いようだ!  
画像


その後 墜落と同時に映像が映らなくなり VTXなどは確認したが 原因が分らず LS210の5号機は午前中にリタイヤ!
画像



お次は  LS210の6号機に DALPROP 5045 T5045 V2 3 Bladeを試す。
画像

このペラは柔らかいプラスチックのため 折れないで曲がるがタイプなので 修正は可能であるが すぐにトラッキングがずれる。  

何故かこの機体も墜落の衝撃でOSDが表示しなくなり OSD無しで飛ばすことになった。 

LS210がトラブル続きだったので ZMR250 Flip32を飛ばすが LS-210の後に飛ばすと パワーが足りずに物足りない...
LS-210と同じ3S仕様で重量も大きく違わないのに パワーがまったく違うのは何なのか... ESCか?モーターか?
画像



自宅に戻り 夕食後は早速機体のメンテナンスを行った。

で 原因は2機ともOSDの故障であることが分った。

映像は映り文字が出なくなった6号機は MICRO MINIM OSDの EPROMが不良のようで ファームウェアが壊れていた。
 
新たにArduinoでMW R1.6を書き込んでみたが ベリファイエラーとなり書き込めない。映像が映らない5号機は まだ調べていないが 映像を出力していないので おそらくハードウェアの不良だと思う。

なので 先日予備パーツで届いていたMICRO MINIM OSDが早速役に立った!
画像


3個のOSDを纏めて設定する。

まずは ピンヘッダーのハンダ付け
画像


画像


パソコンに繋いで ArduinoでMW R1.6を書き込む 
画像


MW GUIで 保存してあった今までの設定を LOAD する。
画像


機体につけて動作確認すると 2機とも直っていた!
画像



とりあえず OSDの交換は完了したが 問題はなぜ同じタイミングで2機ともOSDが壊れたか???

いずれも墜落時に故障しているので ペラが当たった瞬間に OSDに高い電圧でも入っているのだろうか?

メンバーのしげぞうさんから 墜落の衝撃でMICRO MINIM OSDが壊れた話を聞いて 予備を購入していたが 2機とも同じ日に壊れるとは...

OSDの電源の取り方に 問題があるのかな?

時間があるときに ゆっくりと調べてみよう。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HDRC 第2回練習会 Junのラジコン部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる